翻訳家を目指す人が通うスクールはある?

翻訳家になりたい人のための情報サイト

翻訳家になるために最適な選択とは?

翻訳家で外国語大学や英文科出身の方は多くいらっしゃいます。 翻訳家になるために幅広い知識や深い教養を得ることを目指す場合、最も適切な選択肢は大学へ行くことでしょう。 その他にも色々なメリットがあり。 考えるべき選択肢の一つであることは間違いありません。

語学力を磨くだけでなく、様々な知識・教養を身につけるなら

グローバル化が叫ばれ、英語教育が重要であるといわれはじめてから長い年月が経ちましたが、いまだに日本人は日本語が大好きです。
ですから、翻訳の仕事というのは必要であり続けています。

しかしながら、翻訳の仕事というのは簡単な仕事ではありません。
どの言語でもそうであるように、一つの単語でも多くの意味を持つものは少なくありません。
センテンス単位でも文脈によって全く違うニュアンスになることもよくあることです。
特に、日本語はあまり似た言語が多くない言語ですから、それに起因する難しさももちろんあります。
だからこそ、適切なスクールで良い指導者に会うことが重要になるわけです。

スクールに通うメリットとしては、まず(当然ながら)専門的な教育を受けることができることがあります。
上にも書いた通り、翻訳は非常に難しく、また専門的な知識が多く求められる仕事です。
独学でプロのレベルになるのは非常に難しいと言わざるを得ないでしょう。

また、これは翻訳に限らず言えることですが、一人で学ぶことは独りよがりになってしまう危険性がいつもつきまといます。
必要な時にアドバイスをもらうことができる先生がいるということは、物事を学ぶ上で非常に大切です。

さらに、スキルだけではなく、キャリアのことを考えてもスクールに通うメリットがあります。
すなわち、翻訳を仕事にするにあたって、スクールのコネクションであったりとか、これまでの蓄積からくるアドバイスであったりが就職の大きな助けになるでしょう。
せっかく身につけたスキルを最大限活かすためにも、スクールに通うことが必要になってくるというわけです。

このページでは、主要な選択肢を三つ挙げ、それぞれのメリットなどについてまとめています。
翻訳家になりたい方の一助になれば幸いです。

実践的なスキルを身につけ、いち早くプロになるためには

最短ルートで翻訳家になることを考えると、1番の選択肢になるのは専門学校でしょう。 とにかくプロの翻訳家になって仕事をすることを目指すならば、専門学校で実践的に学ぶことで経験を積んで行くことができます。 また、十分なスキルを身につけた後、実際に仕事をする際にも専門学校に通うことはアドバンテージになります。

忙しい・周りに場所がない方のための通信講座

第三の選択肢として、通信教育というものがあります。 通信教育は、何と言っても手軽であるということが魅力です。 とはいえ、本当に通信講座のみで大丈夫なのか、不安な方もいらっしゃるでしょう。 その点も含め、通信講座の特徴や注意点についてまとめました。