翻訳家になるために最適な選択とは?

語学力・教養・知識を高められる

大学へ行くことのメリットの一つは、語学に対する専門的な知識が得られることです。
もちろんそれが必須というわけではありませんが、実務に必要なことを学ぶだけではなく、言語について深く研究することがマイナスになることはないでしょう。
また、仕事を探すという面でも、そういった経験があるということが有利に働くこともあるかもしれません。

また、語学の知識に限らず教養を深めることができるというのも大学のメリットとして挙げられるでしょう。
例えば、小説や映画の翻訳をするにあたっては、ただ言葉を訳すだけでなくその国の文化に通じていることが求められます。
また、契約書や機械やコンピュータソフトの説明書など、ある程度語学とは関係ない専門知識が必要とされる翻訳の仕事も多くあります。
そういった仕事もできるよう、知識の幅を広げることもプラスになるはずです。

留学のハードルが低い

もう一つ大きなメリットとして、留学をしやすいということが挙げられます。
これに関しても、留学をしないと翻訳家になれないというわけではありませんが、語学というのは周りが日本語ばかりの環境ではなかなか自然に使えるようにはならないものです。
留学をして生きた言語に触れることでよりよい翻訳ができるようになります。

大学に入れば、留学の方法は入らないよりずっと多くなります。
また、大学の企画する留学で、何人かと行くようなものであれば、一人で全く知らない外国へ行くよりも幾分か心強いものになるでしょう。
一緒に行くわけでなくとも、周りの学生も留学に興味がある人が多いでしょうから、留学に関する情報もずっと得られやすくなるはずです。